Norihide Yamamoto
Norishige Yamamoto
山本則秀 山本則重 能楽師 狂言方大蔵流

この度の熊本地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

私の先祖は熊本からほど近い豊後岡(大分県竹田市)中川藩の藩士で狂言師でした。

ルーツともいうべき場所で震災が起こってしまったことはとても他人事とは思えません。

先日公演で熊本に行って参りましたが、屋根にブルーシートのかかる家もまだ多く残り、いろいろな所で震災の影響が残っていると感じました。目に見える傷、見えない傷、人と人が手を取り合ってその傷が一日も早く癒えますよう、

微力ながら尽力したいと思います。

山本則重

 

熊本地震におきまして、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

現在も避難生活をされている方が多いと伺う中、今はただ皆さまのご健康をお祈りするばかりです。

私にできることといたしまして、今後とも舞台に精進し、皆様の一日でも早い復興を願っております。

山本則秀

PROFILE

右/山本則重
1977年生まれ。徳川幕府の武家式楽の芸系を現在に継承する山本東次郎家に生を受ける。父・山本則俊(狂言方大蔵流・重要無形文化財総合認定保持者)及び伯父・四世山本東次郎(狂言方大蔵流・人間国宝)に師事し、5歳で初舞台。東京芸術大学音楽学部卒業。国内はもとより海外での普及公演にも15か国以上参加。日本が誇る世界最古の舞台芸術である能狂言を次世代へ繋ぐべく、公演のみならずワークショップ、児童・学生への指導など多岐に渡り活動。公益社団法人能楽協会会員。

左/山本則秀
1979年生まれ、東京出身。4歳より父・山本則俊及び伯父・山本東次郎に師事。5歳で初舞台。東京芸術大学音楽学部卒業。大曲秘曲を披き現在能楽師として活動中。日々の能楽公演のほかに海外公演、学校普及公演、東日本大震災の際には復興公演に参加。幅広い活動を行う。公益社団法人能楽協会会員。

撮影協力:横浜能楽堂(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)